Mandragora Scream

 

『還りゆく魂』

 

門を開くと、そこは夜の川辺。

 

川のせせらぎだけが響き渡る暗闇の中を

一匹の蛍が漂っています。

 

蛍は強く弱く明滅しながら

川のほとりの葦の原をふらふらと彷徨し、

ひっそりと群生する黄水仙にふわりと舞い降り。

 

黄水仙の足元に眠るように横たわる

娘の遺骸の唇に

そっと光を送ります。

 

娘の遺骸は無数の蝶になり

透けた羽を震わせて

瞬く間に闇夜に溶けていきました。