PLAYING MANTIS 

 

『歩みつづけた者』

 

門を開くと、そこは春の庭。

長い冬を耐え忍び、

ようやく新芽を芽吹かせた

木々たちが青い空に

しなやかな腕をからめています。

 

張り詰めた寒気、

激しい吹雪、

気が狂いそうなほどに

静かな夜。

 

そんなあらゆる試練を乗り越え、

春の到来を信じて待ちつづけた

新芽だけが、生き残りました。

 

でも、これが全ての終わりではありません。

 

大輪の花を咲かせるには、

心にいつも冬を

飼いならしていなければいけないのです。

 

新芽と花たちが、決して

冬を忘れ去ってしまいませんように・・。