COLLAGE

 

『静かな告発者』

 

門を開くと、そこは職人たちの集う酒場。

 

職人たちの生活はいつでもギルドの規則によって

監視されており、この酒場だけが彼らの唯一の

憩いの場なのです。

 

彼らはこの場所で財布が許す限り飲み、

時間が許す限り歌い、

自分たちが生きていることを確かめます。

そう、仲間さえも信じられないこの世界では、

酒と歌だけが本当に信用できる相手なのです。

 

今夜も、演奏が始まりました。

禁じられた音楽もこの場所でだけは自由です。

 

彼らの歌う「自由」に、耳を傾けてみましょう。