『inspire』

 

オススメ度:75

 

1996年に結成された四国の『La' Mule』が

1998年に発表した1stフルアルバム。

紺(Vo)、NAO(G)、SIN(G、アルバムにはクレジットされず)、

ISUKE(B)、YOU-YA(Dr)によるツインギター5人編成。

 

ブームにも天井が見え始め

ビジュアル系全体が行き詰まりつつある中、

王道ともいえるダークでメロディアスな音像と

白装束に血糊で衣装を統一するヴィジュアルアプローチ によって

たちどころに注目を集めるバンドの一つとなった。

 

Voは技量的にはまだまだ素人臭さを残してはいるが 、

少し歌謡曲調の高いトーンによって楽曲が持つ

判りやすいメロディーを上手く引き立てている。

ただ、ヴィジュアル系によくある

”語尾をシャウトでぼかす”歌唱法を試みている箇所では

いかにも喉先から搾り出すかのような聴きづらい印象が残る場合があり

声の伸びや声質に良い物が窺えるだけに残念。

 

楽曲としてはほぼ冒頭に書いたとおり、

ダークな曲調にメロディアスなVoが乗るスタイル。

演奏も上手いとまでは言えないが割と纏まっており、

目立った危なっかしい箇所は無い。

Drのバタバタした音色が多少耳障りに感じるが、

演奏がどうのこうのというよりは個人の好みの範囲であろう。

タイトル曲「inspire」、せつないサビの疾走系「結び目」辺りが

聴き所だが、そのほかの楽曲も手堅くまとまっており

多くの根強いファンを生んだ素地は十分に窺うことができる。